読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

4人のこそだてエッセイ

4人のこどもたちをそだてるママのきろく。

卒園式保護者挨拶⑥いよいよ本番・・・・!

さて、いよいよ当日である。リハーサルを何度も何度も繰り返したので、不安はなかった。卒園するその日を迎え、早く園へ行きたい!と走る空をおいかけながら保育園へ向かった。とても晴れたいかにも、春めいてきたなという日だったのだけれど、この道を歩くのもあと何日かだなぁとか(梨子と空は園がちがう)、雨の日は空が大泣きして、それを怒りながら歩いた日もあったけ。なんて味わいながらの登園だった。

園につき、ドアをあけると、すぐに同級生のママにあった。すると、、、、そのママすでに大号泣していた!笑 いやいやまだ早いでしょ!とつっこみをいれた。

会うママ会うパパお互いにおめでとうございます。ありがとうございます。を繰り返し、あっと言う間に式が始まった。そして、式が開始していきなりの誤算。園長先生の言葉が私とほぼ同じ構成だったのだ。園児へのお祝いの言葉、保護者へのねぎらい、子供たちの成長を祝い、かかわった先生がたへの感謝。おお、、、これは、、、、なんとかして自分のカラーを出していかないといけない!園児の言葉や来賓の挨拶を聞きながらも頭の中はフル回転だった。