読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

4人のこそだてエッセイ

4人のこどもたちをそだてるママのきろく。

小さい子で高熱がつづいたら、、、、疑ってもよいかも。

川崎病と診断されたたいよう。それがわかるまでに病院を二転三転した。

 

川崎病の診断基準をしっていれば、もう2,3日早く病院で対処ができた。そこで、川崎病の診断基準をこちらに記載する。

 

1.5 日以上続く発熱(ただし、治療により 5 日未満で解熱した場合も含む)

2.両側眼球結膜の充血

3.口唇、口腔所見:口唇の紅潮、いちご舌、口腔咽頭粘膜のびまん性発赤

4.不定形発疹

5.四肢末端の変化:(急性期)手足の硬性浮腫、掌蹠ないしは指趾先端の紅斑 (回復期)指先からの膜様落屑 6.急性期における非化膿性頸部リンパ節腫脹

6つの主要症状のうち5つ以上の症状を伴うものを本症とする

川崎病 診断の手引き

http://www.jskd.jp/info/pdf/tebiki.pdf

 (日本川崎病学会のHPより)

 

たいようは、

138度~39度の熱が1週間 

2 目の異常な充血。 

3 唇からの出血 腫れ

4 足や背中に発疹

が特にみられた。

f:id:msnt2017:20170326065952j:plain

 

これが口。出血してかさぶたのようになっている。

 

 また、BCGの腫れも、川崎病にかかると多くみられるそう。

 

f:id:msnt2017:20170326065722j:plain

 

たいようはこれらの症状がでていたにもかかわらず、これらの症状がでたときと医療機関にかかるタイミングが重ならなかったため診断がおくれてしまった。

もし子供さんに上記の症状がでてきた場合は、川崎病を疑ってみることをおすすめする。